ブログ

2020/6/1

調理クラブ(2020523日土曜日)「ホットプレートでパエリア作り!スナップエンドウはむくの畑で収穫しました。」

むくの畑で収穫したスナップえんどうです。

材料を切って、お米も準備しました。

美味しそうな匂い!きれいな出来上がりです。

美味しかった!後片付けもしっかりします。

2019/5/23



令和元年5月23日読売新聞で紹介されました。

福祉施設による水耕栽培は珍しい取組です。利用者は、種まきから温度管理、LED電球による照射まで、全ての作業工程を行っています。とれた野菜はその日のうちに得意先に卸しており、味と新鮮さは高評価を得ています。利用者は、仕事を通じて社会参加してしている意識が強く、張り合いになっています。

2019/5/13 


和元年5月5日京都新聞で紹介されました。

水耕栽培は、天候に左右されず安定した栽培ができます。また、屋内で座ってできる作業なので、利用者も落ち着いた境のもと集中して自信を持って仕事に取り組めます。現在、水耕栽培で育てたベビーリーフやハーブ類は、京都市内の飲食店で使っていただいています。農福連携による新しい取組は、利用者にとって「程よい緊張」と「自信」と「挑戦」への意欲の源になっています。