はたらく

障害福祉サービスセンター「うじたわら」

生活介護(定員26名)

どんな障害があっても、「働くこと」を大切にしたい。「仲間と一緒に楽しく生きること」を大切にしたい。できることは自分の力で、できないことには手を差しのべて、「一人ひとり」を大切にしたい。それが、『豊かに生きる』ということだから…

れっつ班:一定安定して作業に取り組むことができ、更なる作業能力の向上を中心課題とするグループ。

◇主体的に仕事に取組、作業効率を上げ、高い賃金を意識する取組や、仕事上のルールやマナー(時間・服装・挨拶)を意識できるよう支援する。

新しい作業所に移りました。(令和3年5月)

(旧子育て支援センター)

「働くこと」に重点を置き、利用者の特性に応じて、流れ作業で商品を作る仕事に取り組んでいます。

りんくる班:高齢・身体障害・重度の知的障害がある利用者の、ADL(日常生活動作)や健康・体力の維持向上を中心課題とするグループ

◇主な支援内容:口腔ケア、体操、作業活動、コミュニケーショントレーニング、アロマテラピー、音楽、創作活動等、ゆったりした日中活動プログラムを提供

音楽、創作活動を通して、情緒の安定を図っています。

一人一人の支援計画に応じて、リハビリや作業に取り組んでいます。

りーふ班:作業能力はあるが、精神的な安定や継続的な作業活動に課題がある利用者が、安定して作業に取り組めることを中心課題とするグループ

◇作業室や作業手順の構造化を図り、作業意欲を向上させるとともに、コミュニケーション能力の向上を目指す。

集中できる環境の中で得意なことを活かして、作業に取り組んでいます。

短期集中型や長時間持続型等、一人一人の取り組み方が出来る環境で、安定して作業に取り組んでいます。

らいと班:わかりやすい工程の軽作業に進んで取り組むことを中心課題とするグループ

◇ひとり一人の得意な作業内容で作業量の適正化を図り、作業意欲を向上させるとともに持続時間の向上を目指す。

ひとり一人の得意を生かします。

できた喜びを実感できる作業内容や作業量に取り組んでいます。

就労継続支援B型(定員14名)

生き生きと「働く」ことを大切にしたい。「給料がたくさんほしい!」「仲間と頑張りたい!」「素敵な畑にしたい!」そんな一人一人の「願い」を大切にしています。また、人との交流、地域との交流を通して、社会人としての成長・主体性の育成を目指しています。

農作業チーム

定番の季節の野菜だけにとどまらず、新しい品種の野菜・水耕栽培などにもチャレンジ。土作りから収穫、出荷までの一連の作業に取り組み、学び、様々な人と出会う。その一つ一つの事を大切にしています。そして、野菜作りの技術を磨き条件をクリアすると「名人」と呼ばれる「名人制度」を活用しています。

紅サンタの収穫

水耕栽培

夏野菜の栽培

オクラの栽培

柿酢

落花生の販売

食品加工チーム


明るい日が差し込みます。

食品加工作業場

交流スペース

飲食チーム『うどん たなか家』

「誰もが当たり前に地域で働く。」宇治田原町で人気のうどん屋「たなか家」。忙しい中でも「お客さんのために美味しいうどんを提供したい。」「仲間と働くことが楽しい。」そして何よりお客さんからの「ありがとう!」「ごちそう様。美味しかった。」の一言と笑顔が働くことの喜びと誇りです。

5月の定休日:11,18,25の水曜日 *4日(みどりの日)は営業します。・毎週日曜日    

「うどん たなか家」

綴喜郡宇治田原町岩山:京阪バス岩山下車徒歩15分

*テーブル・カウンター席(30名)

月~土(11時~15時)

*定休日:水・日(祝日は開店)

仲間とともに、頑張っています。

【本日のサービスセット】

きつねうどんorカレーうどんorちく天ぶっかけうどん+親子丼(小)900円

美味しくてお得なセットです。

当店いちおし

お問合せ・ご相談

ご利用ご相談、施設見学をご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい。